インターネット(プロバイダ)
契約の選び方

TOP サイトマップ  
IPアドレスとネットワーク ルータの知識
スポンサード リンク


回線速度

初めてでもわかりやすく数値化されているものが回線速度です。

上り10M、下り5Mという風にプロバイダごとに数値があります。
簡単にいうとこの数値が高いほどインターネットをする時ストレスなく
速い通信が行えるわけです。

ブロードバンド回線は1M~50M程度のADSLと、100M以上の光ファイバに
大別されます。
速度だけ見れば当然、光ファイバがいいのですが、値段が高いんじゃない?
という心配もあるでしょう。
ですが、現在は光ファイバとADSLの値段の差はほとんどないといって
いいほど光ファイバが安くなっているので、ADSLを選ぶメリットは
あまりないように思えます。

また、回線速度に「ベストエフォート」の表記があると例え10Mの表記があっても
最大その速度が出ますというだけで、回線が込んでいる時は速度が落ちてしまい
ますので注意してください。

値段

基本的に同じプロバイダでも速度の速いサービスほど値段が高く、グローバルIPと
プライベートIPとでは値段が違うのが一般的です。

グローバルIPがいい場合はその旨を契約時に伝えるか「固定IP」のサービスを選択しましょう。

その他事項

プロバイダによっては途中で追加IPを申し込む場合の値段が違ったり、ホームページ公開に
利用するのを禁止している場合もあるので注意しましょう。

また現在プロバイダも光ファイバーを提供しているNTTも顧客獲得に必死なので初期費用はどれでも
キャンペーンを適用させればただに近いくらい安くなります。

プラス回線速度、月額費用などを考えれば今新しく契約するならやはり光がいいと思います。
ケーブルテレビなどは他サービスを利用しているからと勧められる事もあるようですが、
結局別途工事が必要になるため手間が変わりませんので。