ハブとルータを使った
ネットワーク接続

TOP サイトマップ リンク集
IPアドレスとネットワーク ルータの知識
スポンサード リンク
ハブとは

簡単にいうとルータのLANケーブル接続先を増やすための機器です。
ハブ自体には細かい設定やネットワーク接続の機能はもってなくて、ルータに標準である
LANケーブル接続先の個数が足りない場合にハブを付けることで何倍にも増やすことが出来ます。

接続方法など

ハブには特別な設定や接続先指定がいらないものがほとんどなので誰でもすぐに接続できます。

ルータではインターネット側のLANケーブル接続先が指定されていますが、ハブには
それがないので、今までルータからパソコンに接続していたLANをハブのどれかに
さしかえ、残りのあいた穴にパソコンと接続するLANケーブルをさしつないでいきます。

ルータを介さずにハブとモデムをつないでも社内ネットワークは作ることができません。
またハブ自体にも単独で電力供給をする必要があります。