無線ルータとは、セキュリティと
無線lanの危険性

 
IPアドレスとネットワーク ルータの知識 ハブとネットワーク接続 TOP
スポンサード リンク


無線ルータとは

簡単にいうとLANケーブルをパソコンにつながなくてもインターネットが出来る
タイプのルータです。
見た目は有線のものとほとんど変わりませんが、電波を飛ばすためアンテナが
ついています。

ただし注意点としてはパソコン側にも無線LANカードという無線対応の機器が装着されていないといけません。

利点はなんといっても線がいらないため配線を気にしなくていい点と電波が届く範囲なら
ルータから離れていてもインターネット接続ができます。
距離は100mほどは届くものがほとんどだと思います。ただし鉄製の壁などがあると電波が
よわくなったり届かなくなったりします。

セキュリティと危険性

無線ルータを利用していることでよく聞く弊害が隣の家まで電波が届いてしまうため情報が
もれたりネット回線を無断で利用されたりする、ということです。

無線ルータは結構普及してきたのでパソコンにあまり詳しくない人が危険性を考えず利用して
いることもあると思うので、隣の電波泥棒にいつまでもきづかずに利用されている、という事がありえるのです。

もちろん電波は暗号化するでしょうが、電波が届いているということはルータからLAN
ケーブルをさしているのと同じわけでどうとでもできるわけです。暗号化は完璧でないとも聞きます。

逆に無線でなければLANケーブルをさされない限り同じようなことはおきないためかなり
セキュリティ面で安全性に開きがあることがわかります。

現状暗号化以外の対応策がないため、無線LANはあまり好かれていないというのが現状です。
回線速度が安定しないという欠点もありますし、線がいらないだけでその他の欠点が目立ちすぎますね。